<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

kanaquita
040717_2041~01.jpg

 ニックネーム   ちびかな・カナキータ
 職業/学校    国立大学・経済学部
 部活       茶道部
 住んでるところ  佐賀県 村(現在は合併し唐津市に(涙))
 性別       女性
 誕生日      3月23日(おひつじ座)
 趣味       旅行

 
今、大学でアジア経済について勉強中!
2006年3月から北京の大学に留学しています(≧▽≦)

北京では佐賀県人会に参加してます。
北京でも佐賀の血は熱かですヽ(*`Д´)ノ
みんなエライ方ばかりなのに、話してみると近所のおっさんみたいな
雰囲気の佐賀県人ばっかりです。

来年の2月に日本に帰国します。

北京での一番の財産は、たくさんの方とお会いできたことです。
みなさん可愛がってくださってありがとうございます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*1984年3月23日に佐賀県の○○○村に生誕!

*旅行好きの親のもとに生まれたために、小さい頃から旅行大好きだった♪

*小学3年 母と韓国へ2週間ホームスティ
今まで自分が目にしてきたものだけが本当の世界ではなく、その他にもたくさんの世界があるということを体で感じた。小さいながら、このとき私は将来は日本だけでは治まらない、世界に羽ばたいてやると決意した…

*小学5年 県のチャレンジキャンプに参加
初めての1週間・風呂無しサバイバルキャンプ
人間は、少しのことでは死にはしないと実感。
このとき見た夏の夜空が今でも忘れられない。

*中学1年 夏休みにカリフォルニアのサクラメント付近に一ヶ月ホームスティ。自分の英語力の無さに大きなショックを受けた。
自分に英語は向いてないのじゃないかと疑問を抱く。

*高校1年 冬休みにドイツのマイセンに2週間ホームスティに行った。
ドイツの子供は小学生でも英語がペラペラだったことに驚いた。
そしてドイツの男の子(ラファエル)に恋をした。

*高校2年 夏から一年間メキシコ留学する。スペイン語を全く話せないままポンッと入ったので、苦労の日々を送った。しかし、語学は一年間で以外に習得できるものだった。メキシコで、多くの人と出会いたくさんの人からCHINO(中国人)と呼ばれ、中国に興味を持つようになった。どの国に行っても、中華街はあって華人の世界進出はすごいものだと感激した。

*大学に入り、春・夏休みには海外に絶対に旅行すると決意した!

(1年生の夏)…当時習っていた韓国語の先生の家に一週間泊まり、釜山・慶州を見て回った。
(2年生の春)…家族と彼氏とで、3日間釜山を旅行した。
(2年生の夏)…ブラジルとペルーに佐賀県人会を訪ねる旅行をした。海外で頑張って生きる日系人の姿はとても素敵だった。
(3年生の春)…中国に留学してた友達の家に一週間滞在した。そこで、中国のアバウトさに触れ、オモシロイ国だと実感!!この一週間で留学の決意をした。
(3年生の夏)…済州島出身の留学生の家に4日間遊びに行った。そこで、日本語を勉強する大学生と知り合い、10月に私の家に遊びに来た。タイ旅行にも10日間行った。初めての東南アジア旅行でアジアのエネルギーに圧倒された。タイの人は優しくて親切だった。
(4年生の春)…念願の中国へ留学!

*中国留学の夏休み 
歴史の街・西安へ友達と2人旅行
始めて中国鉄道を使って旅行した。
自分達の語学の進歩を少し実感!

内モンゴル→大連→北京へと佐賀県人4人組みで貧乏旅行
草原を見るために内モンゴルへ出発した。
草原で乗った馬が急に走り出し、半泣きの状態に・・・
大連では、ビール祭りに参加

中国人と上海へ旅行
4日間の旅行だったけど、中国語を話すことに疲れた。
言いたいことが通じないことが、こんなにも苦痛だと初めて味わった。そして自分の中国語はまだまだだと反省した。

*中国留学の春休み
人生初めての一人旅をしてみようと思う。
楽しみというよりは、恐怖に近い気持ちがある。
でも、私はこの孤独感・恐怖感に勝ってこそ独立した大人になれるのだと信じてる。